クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2020年2月29日 17:35

56. 検査でみつからない 口のくさみ

・口がくさい

・口が苦くて、まるで体の中に毒がある感じがする

これは、当院に相談に訪れた女性の悩みです。

 

漢方では、食べた物の匂いを執拗に感じることを「食臭(しょくしゅう)」と言います。

 胃のあたりが痞え(つかえ)、食べた物のにおいが鼻につき、オエっとげっぷ、

これは確かに生活に支障が出るほどの悩みといえます。

 ・・・

西洋医学では、胃酸を抑える薬か吐き気止めが処方されるかもしれません。胃カメラ検査もなされるでしょうが、胃の中はたいてい何ともありません。他の検査でも原因はみつからないでしょう。

それどころか「胃の中にピロリ菌がいるので、除菌をしておきましょう」と話がすり替わってしまうこともあります。

もちろんピロリ菌がいなくなっても、口のくさみは残るので解決に至りません。見込みが立ちにくいと、抗うつ剤が処方されることもあります。

それで効果をみる場合もあるので、その方はそれで良いのですが、ない方の場合は見込みが立ちません。

 ・・・・

その場合は、東洋医学を活用すると良いでしょう。

こで、生姜瀉心湯(しょうきょうしゃしんとう)。

 

これは半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)から派生したお薬で(半夏瀉心湯+乾生姜)、げっぷの治療に効くことを前回お話しました。

実はこの生姜瀉心湯が、食臭の治療にも用いられます。もちろん煎じ薬です。

 

2000年前の中国医書『傷寒論(しょうかんろん)』に、「お腹にたまった物が熱を発し、口の臭みとげっぷ、そして胸の不快感がもたらされたときは、生姜瀉心湯を使うべし」と、使用の目安が書かれています。

 

慢性的にお腹に痞えのある方や、ゴロゴロ腸が鳴るよう方であれば最適です。実際先の女性も2週間内に、見事に良くなってしまいました。

西洋医学全盛の現代ですが、このように意外性のある治療ができるのが東洋医学なのです。

Copyright © Wakaba Family Tokiwadaira Medical Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます