クリニックのご案内診療のご案内フォトギャラリーHOME

2015年6月10日 00:00

1. 体の中から綺麗にする漢方術

『西洋医学と東洋医学・・』

 

西洋医学とは日々あたり前のように受けられる現代医学のことをいいます。一方東洋医学とはアジアで発祥した医学のことですが、日本では一般的に中国医学のことをさします。

西洋医学の治療は、ある程度標準化されているため、全国どこの病院でも受けることができます。もちろん当院でも『西洋医学の内科』をきちんとおこなっています。

しかし検査をしても原因がわからず、病名のつかない症状で苦しんでいる方々に当院では『漢方診療』をおこなっています。漢方は東洋医学のひとつで、中国医学から派生した我が国独自の医療です。

 

ところで漢方には二種類のお薬があることをご存知でしょうか。ひとつは「エキス剤」とよばれる顆粒状の製剤です。これは大手メーカーが提供しているもので、お湯に溶かして飲む便利なお薬です。

もうひとつは「煎じ(せんじ)薬」というものです。これはお茶のように茶葉からグツグツ煮だすため手間がかかりますが、高い効能が期待できるお薬です。皆さんの中には、エキス剤だけが漢方と考えている方がいるかもしれませんが、煎じ薬まで含むのが本当の漢方です。

医院で煎じ漢方を扱うにはたくさんの知識を必要としますが、これを利用すると治療の幅が広がります。「冷え症、更年期障害、不妊症、うつ、腰痛や足のしびれなど・・」まさに体の中からすっきり綺麗になるための奥の手といえます。煎じ薬は、一般的に自費で処方されることが多いのですが、当院では今のところ健康保険で維持しています。

そんな当院は西洋医学と東洋医学、二つの医療を行っているクリニックです。2008610日に開院し、本日より新たに8年目に入りました。 原田

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © Wakaba Family Tokiwadaira Medical Clinic. All rights reserved.  無断転載を禁じます